ATELIER MINAMI GRAHIC DESIGN/ART DIRECTION

2016.09.25

杉戸洋「こっぱとあまつぶ」展、最終日の豊田市美術館

杉戸洋「こっぱとあまつぶ」展、最終日の豊田市美術館。建築家の青木淳氏とのトークショーが気になって、再訪する。
対談は冒頭から30分くらい、青木淳さんによる、素粒子とか宇宙の力と杉戸さんの作品を絡めたレクチャーみたいな感じで、わからないなりにもうれしい気分になる。
杉戸洋さんの絵は、特に画集などで見ると、子どもが描くようなモチーフや物語性のほうに目がいくのだが、実際の絵から受ける印象は、それ以上に空間体験に近い部分があって、その場の空間の気配に直接作用するような種類のものを感じるのだ(少なくとも私は)。だから興味があったのだけど、杉戸さん本人も、自分が見える・感じるもの、さらにそれを超えるものに近づくために、素粒子とか反物質とか、目に見えない力への強い興味があることを知った。でも同時にやっぱりそうだったんだと納得もする。
他の絵画から感じない、あのいい感じはなんだろう、と今まで謎だった部分に少し近づけたような気になった。
#杉戸洋 #杉戸洋と青木淳

2016.09.19

1ページ1ページ、葉っぱが織り重なったような紙の本

1ページ1ページ、葉っぱが織り重なったような紙の本。空気がいっぱい含まれていて触ってもフカフカしている。#東京アートブックフェア #鈴木康弘 #福永紙工

2016.09.19

tokyo art book fair、最終日に駆け込む。雨なのに、すごい人

tokyo art book fair、最終日に駆け込む。雨なのに、すごい人。2年ぶりに行ったけど、海外の出展者も増えていた。だいたいの雰囲気とかわかってたつもりでも、行くとやっぱり刺激を受ける。素敵な出会いもあったし、行ってよかった。

2016.09.18

ページをめくると突然、ざくっとした文字組に出会ってはっとする

ページをめくると突然、ざくっとした文字組に出会ってはっとする。東大建築科小渕研の論文の1ページ。 #typography

2016.09.08

アクセサリーブランド「Lueur」のロゴとショップカードのデザイン担当しました。

アクセサリーブランド「Lueur」のロゴとショップカードのデザイン担当しました。lueurは仏語で”かすかな光”の意。ショップカードはドームのような形の二つ折にし、内側を淡い黄色にしてほのかな光感を。立体的な置き方ができるかたちをご提案させていただきました。小さな紙ツールを考えるのはとても楽しいです。

2016.06.15

紫がかったブルーの紙を選び中

紫がかったブルーの紙を選び中。「ビオトープ」のマゼランブルー、いつ見てもうっとりする。なかなか使えないけど。これに銀か白刷りたいっ。

2016.04.08

光るアヒル

光るアヒル。

2016.04.07

見渡すかぎりどこまでーも、雲のくに。歩いてさまよって眠りたい。一昨日の空。

見渡すかぎりどこまでーも、雲のくに。歩いてさまよって眠りたい。一昨日の空。

2015.12.10

金工作家・佐藤祐子さんのアトリエオープンDM。

金工作家・佐藤祐子さんのアトリエオープンDM。

2015.12.10

明日から3日間行われます、金工作家・佐藤祐子さんのアトリエオープンのDMをデザインさせていただきました。

明日から3日間行われます、金工作家・佐藤祐子さんのアトリエオープンのDMをデザインさせていただきました。
佐藤さん自ら撮ったリングの写真をもとに、図案化しています。金と淡い淡いグレーの2色刷りです。静かな中にも、リングの自由な動きを感じるような構成をめざしました。
http://yukosato.com